ピュアクリーンの除菌・殺菌効果

ピュアクリーンで病原菌対策

ピュアクリーンで除菌・殺菌

ピュアクリーンには優れた除菌・殺菌能力があります。

飲食店ではアルコール消毒液を使用したり、家庭では、除菌能力もかねた洗剤製品が使用されています。

ピュアクリーンで同様にまな板の消毒実験を行ってみました。

その結果、一般的な細菌や大腸菌が死滅するという実験結果が得られました。

一般的な細菌はpHが6~9の間で生息繁殖していきます。

ピュアクリーンはpH12.5の強アルカリ性ですので、これらの細菌は生息することができずに死滅します。

殺菌効果のある主な細菌類

  • 腸炎ビブリオ菌(食中毒の原因菌)
  • サルモネラ菌(感染型食中毒の原因菌)
  • 大腸菌(病原性大腸菌)
  • O-157(病原性大腸菌の一種)
  • 緑膿菌(緑膿菌感染症の原因菌)

ピュアクリーンで臭い対策

ピュアクリーンで消臭・防臭

ピュアクリーンには優れた消臭・防臭能力があります。

臭いの発生原因の多くは微生物や細菌の繁殖によるものと言われています。

これらの菌も限られたpHの範囲でしか生息できません。

ピュアクリーンはpH12.5の強アルカリ性ですので、これらの細菌は生息することができずに死滅します。

また同様に、これらの菌類の繁殖を抑えることで臭いの”発生源”を断ち切ることができます。

市販されている消臭剤や芳香剤には、臭いの粒子を化学物質で包み込む「マスキング方式」や、強力な香りで臭いをぼかす方式のものが多数存在します。

高濃度のアルカリ性で洗浄効果・除菌効果・酸化防止・還元力などの中和反応による総合的な防臭・消臭効果が得られることが、アルカリイオン水「ピュアクリーン」の大きな特徴といえます。

細菌の生息可能pH

  • カビ等 pH4~6
  • 細菌 pH6~8
  • アルカリ性微生物 pH9前後

ピュアクリーンで野菜も長持ち?

ピュアクリーンとは」のページで「野菜洗い」についてご紹介しましたが、強アルカリ性であるピュアクリーンで野菜を洗うことで、汚れを落とす効果だけでなく「野菜を長持ちさせる」効果もあるのです。

そもそも野菜が腐敗する(腐る)というのは、表面や内部に付着している菌や微生物が一因になっています。

高濃度のアルカリ性である「ピュアクリーン」で洗浄することによって、菌・微生物が死滅する為、腐敗しにくくなる、それが結果的に「野菜が長持ちする」ことにつながるのです。

また、同時にアルカリ性による効果で食品の「酸化」を遅らせることでも「野菜を長持ち」させています。(「腐敗」と「酸化」では意味合いが異なります)

※野菜を洗う場合は10倍希釈を推奨しております。

アルカリイオン水「ピュアクリーン」購入

通販サイトSWECO(スエッコ)再開!
購入はこちらから↓

スターターセット

4リットルBOX

8リットルタイプ

おすすめサイト
  • 純銀シルバーアクセサリーPure3
  • 通販サイト-SWECO
ツイッターはじめました♪